ベンチャー・IPO・マーケティング支援・韓国進出支援コンサルティングの、ブランディア ビジネスコンサルティングです。

ブランディング

ブランディング支援  

ブランドは、企業経営にとって必要不可欠なものです。ブランドの価値は、企業の存在価値を決めると言っても過言ではありません。

なぜブランドがそれほど大事なのでしょうか。それはブランドを構築するということが、企業経営の目的そのものであるからです。

企業としてあり続けるためには何が必要でしょうか。

企業経営において一番大切なことは、企業として在り続けることです。そのためには、多くの顧客から信頼を得ること、つまり信用を創造することが重要です。私はそれがブランドづくりの本質であると考えています。

つまりブランドとは、企業がよりよい商品、よりよいサービスを提供することにより蓄積された、顧客からの信用の表れに他なりません。

ブランドは企業価値を図る上での評価尺度となります。企業が優れた商品やサービスを開発し、それが多くのユーザーに受け入れられた時、その商品・サービスならびにその企業は、多くの支持者からの信頼を勝ち得ることとなります。商品・サービスの認知度が高まり、実際に購入し利用した消費者がその価値を認めたとき、単に商品名、サービス名として付けたブランドは、たちまち価値ある資産となり、企業にとって貴重な財産となります。市場の認知を受けるまでの活動においてはコストも時間もかかりますが、一定のユーザー層からの支持を獲得できれば、その後は急速なスピードで市場へ広がります。まるでエンジンが取り付けられたかのように、有益な価値情報となって市場へ浸透していく。その過程でブランドはますます強くなり、更なるブランド向上が図られていくのです。

無意識のうちにどの企業もブランド構築のための活動をしています。前段でもブランド構築とは企業経営そのものであると述べましたが、こうした取り組みをいかに意識的に行うかによって、ブランドを構築できる企業とそうでない企業の差が生じてきます。

銀座=高級イメージ。これがブランドの効果。

ブランド戦略というと、一部の大企業にだけあてはまるように思われるかも知れませんが、むしろ中小企業やベンチャー企業こそ、ブランド戦略を構築し、経営者自ら取り組むべきです。

何故かといえば、経営戦略の重要な位置づけとしてブランド構築のための戦略を策定し、市場に向けてその活動を積極的にアピールすることで、ブランド価値は飛躍的に向上するからです。

大企業は同業他社も同じくブランド構築のための活動、いわゆるブランディングに取り組んでおりますが、中小企業においては、取り組む以前から「効果が見えない、お金がかかる、だからやらない」という考え方が大半を占めています。だからこそ、しっかりしたブランド戦略を持つことで、多くの消費者から支持を得ることができるのです。

企業の積極的な信頼創造への取り組みを通じた、消費者一人ひとりとの関係性強化が、強いブランドを創る。経済経営環境の変化が激しい今の時代だからこそ、企業としての在り方や、将来を見据えた経営戦略、ブランド戦略を見直す時期です。

オンリーワン企業としてのブランド戦略を構築しましょう。

当事務所では、オンリーワン企業になるためのブランド戦略の策定にはじまり、新商品企画・開発支援、プロモーションツール企画制作、プレスリリース代行など、ブランディングに関する総合的かつ具体的なコンサルティング支援を行っております。

強いブランドを構築したいとお考えの方、まずはお気軽にご相談下さい。

2009.3.28 update

powered by Quick Homepage Maker 3.69
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional